元いいとも青年隊・岸田健作、ホームレスだった!代々木公園での2か月で得たものとは? - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

元いいとも青年隊・岸田健作、ホームレスだった!代々木公園での2か月で得たものとは?

2011-10-28 | 男性芸能人>全般

「笑っていいとも!」(フジテレビ系)にかつて“いいとも青年隊”として出演していたタレント・岸田健作(31)がホームレスを経験していたと、10月28日発売の「フライデー」が報じている。

“いいとも青年隊”を卒業後はバラエティタレントとしても活躍していた岸田だが、ある日…?

(以下引用)

岸田さんは「芸能界で働くのが突然怖くなった」ことを理由に「自分から芸能界を去りました」といい、家賃の支払いができなくなったことからホームレスになったとしている。

財布を無くしたと言って通行人に小銭をもらい、体は公園内のトイレで洗った。コンビニの外に捨てられた弁当を漁り、口に入れることもあった

そのような生活を代々木公園で2ヶ月ほど続けていたとき、公園内で練習するダンサーたちに出会ったという。彼らに刺激を受け、再び「表現をしたい」いう気持ちが芽生えたことで、派遣会社に登録して公園と仕事現場を往復しながら働き、「再起」を目指したとされる。

(引用元:ニコニコニュース

岸田健作は1997年から3年間“いいとも青年隊”を務め、その後も“おバカキャラ”を売りとしたバラエティタレントとして活躍した。

だがその後「芸能界で働くのが突然怖くなった」といい、26歳のとき代々木公園でホームレス生活に入ったという。その生活は2か月にも及んだそうだが、もともとダンサーだった岸田に刺激を与えたのは、また公園内で練習をしていたダンサーだったようだ。

それからの岸田は、新宿にある派遣会社に登録して日給7,000円の肉体労働を始め、がむしゃらに働いたという。そして給料を手にして、足を運んだインターネットカフェでネットを通じてバンドメンバーと知り合い、やがて彼らの家に居候するようになり、ホームレス生活を脱したのだとか(情報元:フライデー)。

そんな岸田、現在、ヴィジュアル系ロックバンド「Kensaku Kishida en V」のボーカルなどとして活躍しているようだ。

苦しいホームレス生活だったようだが、「貴重な時間」を経て、一段と強くなって戻ってきた岸田。フライデーの記事の最後には、いいとも時代にお世話になったタモリに向けた言葉も披露されている。

タモリさん、俺やっと大人になることができました!(笑)

★岸田健作の最新ニュースを探すなら

【管理人からのお知らせ】2019/4/24
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2011-10-28 | Comment(3) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
いい話です
素直に感動しましたよ
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2011年10月28日 21:57
リl|*´∀`l|<でもウソなんだよ
Posted by   at 2011年10月31日 18:11
宣伝???
Posted by at 2011年11月01日 00:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]