丸岡いずみ、「news every.」降板の裏に“周囲のやっかみ”?完璧上司の激励も裏目か - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

丸岡いずみ、「news every.」降板の裏に“周囲のやっかみ”?完璧上司の激励も裏目か

夕方のニュース番組「news every.」(日本テレビ系)を担当していた丸岡いずみキャスター(40)が、体調不良を理由に降板することになった。

年齢以上に若く見えることから「奇跡の40歳」と呼ばれるなど、人気も高かった丸岡キャスターに何があったのだろうか…?

(以下引用)

番組の視聴率がふるわないのは“自分の進行が拙いせいだ”と責任を感じてしまったようなんです。元々彼女はアナウンサーじゃないし、中途入社だから局内での実績も乏しい。常々プレッシャーを感じていたようです。

記者であるにもかかわらず、女子アナ以上の人気を持つことで、やっかみも多かった。彼女がニュース原稿を噛むたびに、アナウンス室で“わ〜!”“またやった!”と歓声があがったという話もある。大好きなお酒の誘いもいつの間にか断わるようになっていた」(前出・日テレ局員)

(引用元:NEWSポストセブン)

丸岡いずみキャスターは8月末から「news every.」に姿をみせておらず、休養理由も番組ではアナウンスされていなかったようだ。結局、9月30日に体調不良による降板が日本テレビから発表されたが、精神的な負担も相当だったのかも。

丸岡キャスターの経歴を振り返ってみると、北海道文化放送、セント・フォースを経て、日本テレビへは中途採用で入社している。

日テレでは社会部記者として活動を続け、2008年3月31日からは約2年間「情報ライブ ミヤネ屋」(日本テレビ系)の最新ニュースのコーナーを担当した。同コーナーは、読売テレビ(大阪)のスタジオで番組を進行している宮根誠司アナがモニター越しの丸岡キャスターに呼びかけ、ネタを振っていじるのがお約束になるなど人気を博した。

こうした“プチブレイク”も後押ししたのか、丸岡キャスターは2010年3月29日スタートの「news every.」(日本テレビ系)のニュースキャスターに抜擢されたが、番組開始当初から視聴率は芳しくなく、丸岡キャスター自身も悩んでいたようだ。

周囲のやっかみも多かったとのことで、相当なストレスを感じていたのかも。だがこうした丸岡キャスターの危機に、木村優子・アナウンス部長(50)が手を差し伸べる動きもあったそうなのだが…?

(以下引用)

「木村部長は、丸岡さんを励ましながら、キャスターの心得を丁寧にレクチャーしたそうです。ですが、完璧主義者の木村部長のアドバイスは、すでに深い悩みの最中にあった丸岡さんには“私にはこなせない!”と逆効果になってしまったみたい

(引用元:NEWSポストセブン。丸岡に近い番組スタッフの談話)

丸岡キャスターは、とても真面目で責任感の強い方なのかも。そういう人がひどく落ち込んでいるときに、無理に励ましたり、アドバイスしたりするのはかえって逆効果となる可能性もある(木村部長としても、なんとか丸岡キャスターを再生させたい一心だったのでしょうが)。

とりあえず降板も発表されたことですし、今は肩の力を抜いてゆっくりと静養するのが一番でしょう。今後のことについてはあまり深く考えず、自分のできる形で復帰を目指して欲しいものです。周囲の方々も理解してあげてほしいですね。

★関連記事 ★丸岡いずみの最新ニュースを探すなら

【管理人からのお知らせ】2019/4/24
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2011-10-05 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
ファンだったのに残念です
Posted by もん at 2011年10月07日 08:03
ニュース読めなかったから仕方ない。
Posted by at 2011年10月07日 14:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.