井上陽水、妻・石川セリの母激白「陽水は人を愛せない」 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサードリンク

井上陽水、妻・石川セリの母激白「陽水は人を愛せない」

歌手・井上陽水(62)と石川セリ(59)夫妻の現在の夫婦関係などについて、セリの実母(81)が9日発売の「女性自身」で明かしている。

陽水といえば最近、オセロ・中島知子(39)との不倫が話題になったが・・・?

FINAL LOVE SONG

にほんブログ村 芸能裏話・噂

(以下引用)

陽水と石川は、78年(昭53年)に結婚。1男2女をもうけており、長女は、依布(いふ)サラサ(27)として歌手活動をしている。

そんな陽水の不倫報道の相手として伝えられたのが、お笑いコンビ「オセロ」の中島知子(39)。

(引用元:井上公造芸能)

現在、体調不良を理由に休養中のオセロ中島。その彼女が俳優・谷原章介(39)との破局後(2005年初め頃破局、谷原は2007年3月に結婚)、陽水と不倫関係にあったという。

当時の中島は、谷原との破局やデキ婚発覚で失意のドン底だった可能性もある。そこへ急接近してきたのが、陽水だったのかも。中島の顔立ちは陽水の妻・石川セリのそれとよく似ているというから、陽水の好みのタイプだった可能性もある。

だが“失意”の中島に対し、“火遊び”の陽水では温度差が生じるのも無理はなかったか。結局2人は破局してしまったそうで、その後、中島は“激太り”が報じられたり、女性霊能者にのめり込んで洗脳された、というショッキングな状況が報じられた。

中島の一刻も早い回復を祈りたいが、一方の陽水には不倫の代償はなかったのだろうか。セリの実母が、陽水夫妻についてインタビューに答えている。

(以下引用)

実母は、陽水とセリが結婚当初から別居状態だったとし、「陽水は真剣に人を好きになれるような人でしょうかね?30年以上も見てきましたが、『人を好きになった』とかいうタイプの男じゃないです。普通の人間なら好きになったり寂しいと感じたりすることもあるだろうけど、人間味というか、人間としての余裕がない方ですからね」と語っている。

それでもセリに離婚の意思はないようで、「古い型の女ですからね。『一度結婚したわけだから、家庭を守らなくては』と決めているようですよ」。

ちなみに、セリは現在、サラサの娘(7)が通うインターナショナルスクールのある福岡で生活しているとか。

陽水は週末に福岡を訪れているそうで、「彼は都内のマンション住まいで、もうひとつ世田谷に仕事部屋を持っているようです。セリには『マンションに来るな』と言っているとか」「まあ、最近は人間としても丸くなってきたし、普通に話もできるようになってきた」と、改めて離婚はないことを強調している。

(引用元:井上公造芸能)

セリは離婚を考えていないようだが、結婚当初から別居状態だという。そうしたことも含めてか、セリの母は陽水の人間性を全否定するような勢いだったようだ。

「まあ、最近は人間としても丸くなってきたし」の言葉がせめてもの救いだが、それだけかつての陽水はひどかったということかも・・・。

【管理人からのお知らせ】2017/8/14
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 井上陽水のニュースを探すなら
タグキーワード
2011-08-10 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
よく読むと不倫するほど女性にのめり込むような非常識な人ではないという意味で、お婿さんを義母が擁護しているようにも受け取れます。
Posted by at 2017年06月01日 23:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
芸能人の熱愛 - 芸能界のうわさ - 芸能人のすっぴん - SMAP - ベッキー - 北川景子 - 高畑充希
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.