木村拓哉&工藤静香の離婚危機説、台湾でも話題!結果的に宣伝になっている? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

木村拓哉&工藤静香の離婚危機説、台湾でも話題!結果的に宣伝になっている?

2011-07-13 | ジャニーズ>SMAP

SMAP・木村拓哉(38)と歌手・工藤静香(41)の“離婚危機説”が、台湾などで報じられているという。

2人の離婚危機はこれまでにも何度か噂されてきたが、今度は大丈夫なのだろうか…?

(以下引用)

「具体的な話が業界内で流れています。すでに双方の話し合いがまとまり、本来なら春先に2ショットで離婚会見を行うはずだったところが、震災の影響で8月に延期になったとか。

離婚の原因については2人の子供どもの教育方針をめぐっての対立、多忙すぎるキムタクに静香が不満を募らせたため、またキムタクの女性問題など諸説入り乱れています。

しかし、静香は毎年12月に開催するディナーショーで家族のことを話題にし、それが"売り"になっているので、とても離婚するとは思えません。ところが、2人の離婚危機は国内のみならず、『台湾の東スポ』と言われる『頻果日報』でも大々的に報じられました」(週刊誌記者)

(引用元:サイゾーウーマン)

台湾でも広がっているという木村拓哉工藤静香の離婚説。ただゴシップ色のやや強い「週刊実話」の報道が元ネタだそうなので、多少割り引きは必要かも。

ちなみに2人の離婚説は、2006年の「紅白歌合戦」の本番前日にも流れたことがあるらしい。ビッグカップルだけにこうした噂は風に乗りやすいのかもしれないが、今回はどうしてこのタイミングで広がった…?

(以下引用)

「キムタク自身もこれまで築き上げてきたイメージに縛られることを嫌い、CMでダジャレを連発するなど、今年を"勝負の年"と位置づけ、"チェンジ"しようとしている。

まず、9月には『木村拓哉プレミアムボックス!』(集英社)を発売。03年に発売し50万部以上を売り上げた初エッセー集『開放区』の8年ぶりの続編『開放区2』と題したエッセー集、そして写真集オリジナルTシャツの3点セットです。エッセーを発売するにもかかわらず、その前に離婚することは100%ないでしょう」(女性誌記者)

そして、10月からは高倉健主演の大ヒット映画をリメークしたキムタク主演ドラマ『南極大陸〜神の領域に挑んだ男と犬の物語〜』(TBS系)がスタートする。

(引用元:サイゾーウーマン

離婚説の真偽はさておき、結果的にキムタクの宣伝になっているという見方もあるようだ。

またキムタクだけでなく、SMAPも2011年8月17日にファン投票によって収録曲を決定するニューアルバム「SMAP AID」の発売を控えている。

こんな大事な時期に、わざわざ離婚を発表するだろうか。そう考えると、少なくとも8月離婚説の信ぴょう性はやや低いものといえそうだが…?

★関連記事 ★木村拓哉のニュースを探すなら

【管理人からのお知らせ】2019/4/21
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2011-07-13 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
慎吾のこち亀の映画って、拓哉君がTBSでドラマのやる条件で出来るのを慎吾と慎吾ファンは忘れちゃいけない。拓哉君に感謝してね。
Posted by た- at 2011年07月13日 17:45
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.