ジャニーズ、電力“10分の1”の節電型コンサートを開催へ!嵐はアカペラを披露? - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

ジャニーズ、電力“10分の1”の節電型コンサートを開催へ!嵐はアカペラを披露?

東日本大震災で3月中の全コンサートを中止にしているジャニーズ事務所が、4月以降に“節電型コンサート”を開催する意向だという。

タッキー&翼を皮切りに、TOKIO、KAT-TUNらと続くらしく、大トリを担うのが嵐のようで…?

(以下引用)

震災以後、中止されたのはTOKIOやタッキー&翼など計6アーティストの18公演だ。

ジャニーズのライブ演出といえば、花火やフライングなどを駆使した派手なものが多いだけに、節電型コンサート≠ェどんなものになるのか、気になっているファンも多いだろう。

一部報道によると、通常は1公演に3000キロワット程度の電力を消費するが、それを300キロワットに絞る方針だという。10分の1の電力だから当然、演出も大幅に変わってくる。

某イベント関係者は「基本は青空コンサートですよ」と言って、こう続けた。

「電源は発電機から供給できる最低限のものを使い、マイクやアンプ、ミキサーに限定して使用する。また、エレキギターなどの使用を控えて、アコースティックギターなどを使用していくものになるでしょう」

(引用元:東スポ)

派手な演出ではなく、歌声でメッセージを届けようとジャニーズが節電型コンサートを実施するという。

野球同様に賛否両論ありそうだが、東京ドームで野球をする場合(試合時に1日平均で5〜6万キロワットを消費、情報元:毎日新聞)と比較すると、「300キロワット」はかなり抑えた方では。

今後の計画停電の状況にもよりそうだが、経済活動を停滞させないこともまた復興への第一歩。コンサートを通して、多くのファンに活力を与えて欲しいところだが。

ちなみにスケジュールの方は…?

(以下引用)

この節電型コンサートの先駆けとなるのが、被災地に向かうトラックに自ら救援物資を運び入れたタッキー&翼の2人だ。4月2、3日に横浜アリーナ公演が控えている。

今井は「被災された方に希望を持っていただけるよう、僕らが明るいメッセージを届けることができたら」とコメントした。

これに追従する形で、TOKIOがツアーを再開させ、KAT-TUNらも続いていく。そして、一連の節電型コンサートのトリを担うのがだという。

8月開催を目指す。なんとアカペラに挑むそうですよ。現在、嵐のメンバーは被災地を応援しようとオリジナル曲『風と雲と虹と』(仮題)と制作していると聞いています」(音楽関係者)

(引用元:東スポ)

節電型コンサートは、8月の嵐にまで及ぶ予定のようだ。のど元を過ぎても続けることが大切なことだろう。

もしコンサートが黒字になるようなら、そこで寄付してくれればなおありがたいが。

★関連記事 ★ジャニーズの裏ニュースを探すなら

【管理人からのお知らせ】2019/4/19
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

2011-03-29 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]