長嶋茂雄一家が空中分解!長島三奈が長嶋一茂との対立中に今度は姉を追放? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

長嶋茂雄一家が空中分解!長島三奈が長嶋一茂との対立中に今度は姉を追放?

読売ジャイアンツ終身名誉監督・長嶋茂雄氏(74)の周囲で起きている内紛について、1月31日発売の「週刊現代」が報じている。

過去に長嶋氏の長男・長嶋一茂氏(45)と次女・長島三奈氏(42)の対立が報じられた長嶋家だが、ここにきてさらなる分裂が…?

長嶋茂雄―その栄光の軌跡 (B.B.mooks―スポーツシリーズ (115))

(以下引用)

長嶋家の内情に詳しい関係者によると、「不動産だけで約30億円あると言われている長嶋家の資産は、その大半を次女・三奈さんが社長を務める資産管理会社『オフィスエヌ』が所有しています。この会社には、これまで役員として長女・有希さんが名を連ねていたのですが、昨年10月、この有希さんが突然『解雇』されたのです」という。

2004年に茂雄氏が脳梗塞で倒れ、07年9月には茂雄夫人の亜希子さんが急死。「長嶋茂雄」の商標登録や肖像権を巡り、長男・一茂氏(45)と三奈氏(42)が対立し、長嶋家の歯車は狂い出した。

さらに09年、一茂氏が長嶋家ゆかりの品々を福井県在住の資産家に無断で売却してしまい、紛争は泥沼化。前出の関係者は「兄妹同士の不信感は相当に深刻です。そんな中、三奈さん側についていたはずの有希さんが解任されたというのは、今度は姉と妹の間で、何らかの決定的な亀裂が生じたということ。長嶋家はもう空中分解ですね」と、追放劇の実情についてコメントしている。

(引用元:芸能!裏チャンネル)

長嶋一家が危機的状況だという。長男・長嶋一茂氏と次女・長島三奈氏の対立が決定的になったといわれるのが、「長嶋茂雄」の登録商標をめぐっての一件だそう。

「長嶋茂雄」の商標登録は、故・亜希子夫人(茂雄夫人)から代表を引き継いだ三奈氏の「オフィスエヌ」が取得していたそうだが、2009年2月にその期限が切れると、一茂氏の妻・仁子さんが代表を務める「ナガシマ企画」がこれを取得したという。

この動きに対して三奈氏が猛反発し、両者の軋轢が顕在化したそう。

長嶋家骨肉の争い!次女・三奈が激怒「ミスターの秘蔵品を売り払った一茂を訴える」
(※情報元:2ちゃんねる野球板ブログだったブログ)

その後、一茂氏が実家の地下室から持ち出したミスターゆかりの品々を福井県在住の有名コレクターに無断で売却するなど、紛争はさらなる泥沼に発展したようだ。

そして今回、三奈氏サイドでも分裂が起きていたことがわかり、2010年10月に長女・有希氏が「オフィスエヌ」を解雇されていたとか。

先の見えない骨肉の争いを一番悲しんでいるのはミスターかも。

【管理人からのお知らせ】2018/8/30
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★長嶋茂雄の最新ニュースを探すなら
タグキーワード
2011-01-31 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.