山下智久、CD売り上げ伸びず緊急握手会!600枚差のギリギリ首位獲得もモヤッ? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

山下智久、CD売り上げ伸びず緊急握手会!600枚差のギリギリ首位獲得もモヤッ?

2011-01-28 | ジャニーズ>NEWS

NEWS・山下智久(25)のソロシングル「はだかんぼー」(1月19日発売)が初週推定売上6万7,729枚を記録し、1月31日付オリコン週間ランキングで予想通りの1位を獲得した。

しかし、2位となったフレンチ・キスIf」との差はわずか600枚だったという。1月23日に開催された緊急握手会による追い込みが、なんとか功を奏したようで…?

山下智久の新曲「はだかんぼー」の売り上げが伸びず、先週から今週にかけてドタバタ劇があったようだ。

同曲の初日売り上げは約2万2000枚で、同日に発売されたフレンチ・キスの「If」の約3万枚に及ばなかったという(情報元:サイゾーウーマン)。

この結果から、オリコン週間ランキングでの1位も逸する懸念が生じたのか、1月23日に山Pの緊急握手会が開かれたようだ。

会場でCDを購入すれば山Pと握手できるというなりふり構わぬ戦法だったようだが、おかげでなんとか週間1位は死守したとか。

ジャニーズといえば、昨年6月にもTOKIOのシングルで同じようなケースがあったようで…?

(以下引用)

「ジャニーズ事務所は昨年6月にも、TOKIOのシングル『―遥か―』がSound Horizon『イドへ至る森へ至るイド』相手に苦戦を強いられ、土日に『TOKIOスペシャルDAY』と称してクリアファイルのプレゼントキャンペーンという力技を実施(既報)したばかり。

でも、こうしたやり方がまかり通るのであれば、順位なんてあってないようなものですよね。今回の山下も、ソロシングルの4作連続首位という記録をどうしても逃したくなかったのかもしれませんが......」(ジャニーズに詳しい記者)

(引用元:サイゾーウーマン)

この時はTOKIOらしくないとの批判もあったようだが、どうしても1位をゆずれない理由があったのだろうか。

こうした露骨な手法に対する「フレンチ・キス」関係者の反応は…?

(以下引用)

この露骨なやり方にフレンチ・キスの1位を熱望していた、所属事務所・ワタナベエンターテインメント取締役の大澤剛氏は23日、自身のTwitterで「急遽握手会をやるなんて、とわかる人にはわかるつぶやきをしてみたりして」と、本音を漏らした。

しかし一方の山下も、公式携帯サイト「Johnny's Web」内の連載「山下智久の日記」で今回のイベントを振り返り、集まってくれたファンに礼を述べるとともに、「また何かの時にベストな形で、こういう機会をもてたらなと思います!」とコメントしており、今回の握手会がベストなやり方でなかったことは本人も十分認識しているようだ。

(引用元:サイゾーウーマン

今回の結果には、双方共に納得していない様子。

まぁフレンチ・キスの「If」(初回限定)にも、イベント参加補助券が封入されており(同券で1月29日に行われる握手会に参加できる)、似たようなことをしていることにかわりはなさそうですが。

純粋にいい音楽が評価され、売れる時代を取り戻せれば、こんなにも違和感のある争いをせずに済みそうだが。

★関連記事 ★山下智久の噂を探すならコチラ!

【管理人からのお知らせ】2019/4/18
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2011-01-28 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
愚痴を言う権利はないだろよ
Posted by at 2011年01月29日 01:00
どのような世界であれ生き残る者が勝者。勝って何ぼのもの。
勝った人は胸を張り、
負けた人は遠吠えをしなければよいと思います

別にどちらのファンというわけではありませんが
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2011年01月31日 05:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.