青山祐子アナ、「席巻」を「せきまき」と読み間違えるハプニング!まさかの結婚ボケ? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

青山祐子アナ、「席巻」を「せきまき」と読み間違えるハプニング!まさかの結婚ボケ?

1月20日放送の「ニュースウォッチ9」(NHK)で、青山祐子アナウンサー(38)が「席巻」を「せきまき」と読み間違え、話題になっている。

ネット上では「また伝説をwww」、「婚約ボケだな」などの書き込みが寄せられているようで…?

(以下引用)

3年目に入りNHKの21時台の顔としてすっかり定着してきた青山アナだが、2011年1月20日の放送で事件が起きた。

音楽関連のニュースを紹介する際、「音楽のヒットチャートをせきまきする人気グループ、嵐」と読み上げてしまったのだ。

「せきまき」は「席巻」で正しくは「せっけん」と読む。青山アナはその後も「そしてAKB48、K-POPブームの火付け役のKARA」と読み続け、間違いに気付いていない様子。

しかし、隣にいた大越健介アナが「青山さん、『せっけん』ですから」とやんわり指摘、青山アナは笑いながら「あ、すみません、ごめんなさい」と詫びた。

(引用元:J-CASTニュース

「席巻」を「せっかん」と誤読するケースはありそうだが、「せきまき」は珍しいかも。2ちゃんねるでは、以下のような意見が出ていた。

(以下、2ちゃんねるより抜粋)
せきまきっつぅたか?今......
「せっけんだよな」
「アナウンサーがせきまきなんていうなよ」
また伝説をwww
「また理事に叱られます」
婚約ボケだな
(情報元:2ちゃんねる)

アナウンサーの珍しい読み間違えに、驚きの声が挙がっていた。青山祐子アナといえば先日、同番組内で結婚することを認めたばかりなだけに「婚約ボケだな」の声も。

ほかに人気女子アナの読み間違えでは、テレビ朝日・竹内由恵アナ(25)の「訃報(ふほう)」→「とほう」や、元フジテレビ・高島彩アナ(31)の「団塊の世代(だんかいのせだい)」→「だんこんのせだい」なども、2ちゃんねるで併せて紹介されていた。

アナウンサーの場合、生放送で編集が利かないことが多いだけに、「ハプニング大賞」や「NG大賞」といった番組でミスが取り上げられやすいのもうなずける話。

“伝説”級のミスにはくれぐれもご注意を。

★関連記事 ★女子アナのニュースを探すなら

【管理人からのお知らせ】2019/4/18
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2011-01-24 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
そういばいま瞬間的に《せきまき》に読めました。とはいえ、1秒後には《せっけん》と軌道修正。文章と連動しないとイメージできないもの。

席は椅子。巻はぐるぐる。椅子に座ってぐるぐるまわる。回転椅子のことだろうか。この二字熟語の由来を知らずになんとなく読んでいるので、こういうミスはいずれするかもしれない私です。
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2011年01月25日 05:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.