ダルビッシュ有との結婚、紗栄子の父は望まなかった!3年目で迎えた離婚危機の行方 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

ダルビッシュ有との結婚、紗栄子の父は望まなかった!3年目で迎えた離婚危機の行方

北海道日本ハムファイターズ・ダルビッシュ有投手(24)と紗栄子夫人(23)の“離婚危機”が報じられている。

その紗栄子夫人の父・眞二さんは当初から2人の結婚を望んでいなかったと、11月8日発売の「週刊ポスト」が報じているようで…?

(以下引用)

ダルビッシュが結婚を発表したのは、07年のヒーローインタビューでの「結婚宣言」。同誌によると、眞二さんは友人らと酒を飲んでいたという。

娘の結婚について悩むことが多かったのか、憔悴しきった様子で、心配した友人らが「励ます会」を開いていたそう。よりによってその席で、眞二さんは「結婚宣言」を目の当たりに。

親戚の皆様に合わせる顔がない。親戚の恥だ」眞二さんはそういって、涙を湛えていたそうだ。詳細は「週刊ポスト」で。

(引用元:梨元芸能!裏チャンネル)

ダルビッシュ有サエコの熱愛が報じられたのが2007年8月7日で、翌8月8日には“妊娠報道”も出て騒然となった。

そして8月9日には、ダルビッシュが札幌ドームでの楽天戦に登板し、見事勝利を収めて、試合後のヒーローインタビューで喜びを爆発させた。

ダルビッシュの第一声は「ヒーローインタビューを狙ってました」。また、サエコについては「(報道されている)記事のとおりです。結婚を前提に、女優のサエコさんとお付き合いさせて頂いております」(情報元:オリコン)と、堂々の結婚宣言も飛び出した。

また、妊娠報道については「僕自身嬉しいことに、子供を授かりました。家族が増えることになりますが、これからも暖かく見守って下さい」(情報元:オリコン)とし、事実であることを認めた。

ただし、交際わずか3ヵ月(報道では5月頃から交際)での妊娠発覚というドタバタだったことも確かで、サエコのお父さんは愛娘の結婚をすんなり受け入れられる態勢にはなっていなかった様子。ましてや「励ます会」の席だったというから、ダルビッシュの「結婚宣言」はショックが大きかったのかも。

ちなみにダルビッシュのお父さんは、2007年8月7日放送の「ムーブ!」(朝日放送)でのテレビ取材で、2人の交際報告を受けていることを明かしたが、結婚については「まだまだですよ」と語っていたようだ(情報元:エンタメスクープ)。

ダルビッシュとサエコは、その後2007年11月11日に入籍。サエコは、翌2008年3月24日に第一子を出産した。

その後も結婚生活は順調に見えたが、3年目でまさかの離婚危機。2人は、この難局を乗り越えることができるのだろうか。

【管理人からのお知らせ】2019/4/17
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★紗栄子の最新ニュースを探すなら
2010-11-08 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
人の心は脆いもので、
外野が騒ぐと破局が進行するのですよねえ。
乗り越えてしまえばふりむいて
さしたることではないと言い切れるのですが。
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2010年11月09日 04:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.