小沢健二、米国人美女と極秘結婚していた!御茶ノ水で“手つなぎデート”! - 芸能7days

★サイト移転のお知らせ

いつも「芸能7days」をご覧いただき、ありがとうございます。この度、以下の通り、新サイトへ移転いたしました。 大変恐れ入りますが、「お気に入り」、「ブックマーク」等にご登録いただいております皆様は新しいURLで再登録していただけますと幸いです。

◆URL
(変更前)http://geinou-7days.seesaa.net/
(変更後)http://geinou-7days.net/
※旧URLにアクセスいただいた場合、自動的に新URLに転送されます(一部ページを除く)。

今後は、URL変更後の新サイトより最新情報をご覧ください。今後とも「芸能7days」をご愛顧賜りますよう、どうぞよろしくお願い申し上げます。

芸能7days 管理人 セブン

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

小沢健二、米国人美女と極秘結婚していた!御茶ノ水で“手つなぎデート”!

世界的指揮者・小沢征爾氏(74)の甥としても知られる歌手・小沢健二(42)が昨年末に米国人女性と極秘入籍していたと、6月18日発売の「フライデー」が報じている。

お相手は写真家・映像作家のエリザベス・コールさん。同誌に、2人仲良く“買い物デート”する様子などをキャッチされたようで…?

(以下引用)

同誌は東京・NHKホール公演の翌日の11日に、都内のデパートでスレンダーな白人女性と総菜などを買ったり、エレベーターを待つ間に彼女の首もとに優しく顔を近づける写真を掲載している。

翌12日も、2人はJR御茶ノ水駅付近で人目を気にすることなく、堂々と手つなぎデート。一緒に小沢のマンションに帰り、ベランダにはおそろいのパーカーとジーンズが干されていたという。

(引用元:サンケイスポーツ)

小沢健二は東京大学文学部卒で、叔父が世界的な指揮者・小澤征爾氏というサラブレッドとして知られる。

ソロの代表作には「今夜はブギー・バック」(1994年、スチャダラパーとの共作)、「愛し愛されて生きるのさ」(1994年)、「ラブリー」(1994年)などがある。

1998年の活動休止後は、単身で渡米し、環境問題やグローバリズムの危険性などの問題に傾倒していったそうで、2007年にはエリザベスさんと2人で、ラテンアメリカでの反グローバリズムをテーマにした映画「おばさんたちが案内する未来の世界」の上映会を日本各地で開催したという(情報元:フライデー)。

ちなみに、この上映会はエリザベスさんの映像に小沢の楽器の演奏と詩の朗読をかぶせたものだというから(情報元:フライデー)、2人は公私ともに尊敬し合う仲なのかも。

オザケンは現在、13年ぶりのツアー中だが、チケットは即完売するほどの人気ぶりのようだ。末永くお幸せに。

【管理人からのお知らせ】2019/4/5
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★小沢健二の最新ニュースを探すなら
タグキーワード
2010-06-18 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
ふつうにお似合いの様子

こういうありきたりの記事って

けっこうほっとするのは私だけだったりして
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2010年06月20日 04:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]