広末涼子の一族が“よさこい祭り”の映画に全面協力のワケ!広末は出演していないのに? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

広末涼子の一族が“よさこい祭り”の映画に全面協力のワケ!広末は出演していないのに?

2010-04-23 | 女性芸能人>全般

高知県の夏の風物詩“よさこい祭り”を題材にした映画「君が踊る、夏」(9月公開予定)の公開キャンペーンに、女優・広末涼子(29)の一族が協力しているという。

広末はこの映画に出演していないが、いったいどうして…?

(以下引用)

地元紙でもある高知新聞も映画について大きく取り上げるなど、地元では盛り上がっているが、そのキャンペーンに際して、東映関係者は広末の父親Tさんを訪ねて、キャンペーンへの協力依頼をしたというのである。

ヒロスエ一族は、高知市では知られている実業家ですからね」とは、地元関係者。東映関係者の中には、ちょっと勘違いして「広末パパは、市会議員」なんて思っている人もいるようだが、単なる市会議員だったら、別に広末パパでなくてもいい。それこそ、市長の方がいいはず。

では、何で広末パパだったのか?地元の関係者に聞いてみると…。

高知市の中で中心的な商店街に『帯屋町商店街』というのがあるんですが、その商店街の理事長が広末パパのお兄さんなんですよ。広末パパも、この商店街の役員をやっていてテナントをもっていますが、お兄さんは、帯屋町に大きなファッションビルを経営していて、地元の名士です」。

要するに、映画「君が踊る、夏」を盛り上げるには、中心的な商店街である「帯屋町商店街」のバックアップが不可欠だと言うわけだ。

(引用元:渡邉裕二のギョウカイヘッドロック)

帯屋町といえば、高知一の繁華街といわれる。広末の叔父さん(父の兄)は、その帯屋町商店街の重鎮だそうだ。

少し調べてみたが、広末のお祖父さんという人がまた立派な方のようだ。廣末静一さんという方で、帯屋町繁栄の礎を築いた人物らしい。谷是氏著の「高知県人名辞典」に記述があるようなので、みてみよう。

(以下引用)

以下、谷さんが手掛けられた「高知県人名辞典」より抜粋

『昭和20(1945)年、7月4日、高知市街は大空襲を受ける。静一は翌日焼け跡から金物を掘り出し、蓆(むしろ)の上にそれを並べ店を再開した。帯屋町復活第1号といわれ、その後商店街振興の先駆者的役割を果たしてゆく』

絶望に打ちひしがれていた街の人々は、そんな廣末さんの姿に勇気付けられ、再び街が動き出したという。そして戦後の商店街をなんとか元気付けようと武政英策さんらの手によりよさこい祭りも誕生する。

涼子さんが帯屋町ジュニア隊で踊っていたことは有名な話だが、こんなに忙しくなってもよさこいを踊りに頻繁に高知に帰ってきてくれるほどよさこい好きのバックボーンともいえる話だ。

(引用元:まんぼな毎日

広末の祭姿はコチラでみられる(↓)

【画像】 広末涼子・よさこい祭り
(※情報元:Google画像検索)

ほかにも、静一さんが地元の有力者に働きかけ、帯屋町に高知大丸を誘致したという話もあるようだ(ひまわり乳業株式会社「今日のにっこりひまわり」より)。

こうした静一さんの高知復興の精神を、広末の叔父さんやお父さんたちが今に引き継いでいるのでしょうね。映画のためというより、高知繁栄のためであれば耳を貸そうというのもうなづける話。

ちなみに広末本人も高知市に対して、2008年、2009年にふるさと納税制度による寄付を行っている。広末さんにとって、高知はかけがえのない場所のようだ。

【管理人からのお知らせ】2019/3/28
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★広末涼子のニュースを探すなら
タグキーワード
2010-04-23 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
>高知市街は大空襲を受ける。静一は翌日焼け跡から金物を掘り出し、蓆(むしろ)の上にそれを並べ店を再開した。

それって、火事場○棒のような気が・・・
Posted by まりた at 2010年08月13日 21:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.