パンクブーブー優勝の「M-1」、キンコン西野、U字工事ら“ラスト組”から敗戦の弁! - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

パンクブーブー優勝の「M-1」、キンコン西野、U字工事ら“ラスト組”から敗戦の弁!

2009-12-21 | お笑い芸人>全般

若手漫才の頂点を決める「M-1グランプリ」の決勝が12月20日に行われ、パンクブーブーが満場一致で第9代の「M-1」王者に輝いた。

一夜明け、“コンビ結成10年”のラストイヤーで敗れた芸人達からは“敗者の弁”が届いているようで…?

manzai.png

(以下引用)

西野亮廣はエントリー「最後は大井競馬場で」で「自分のエントリーナンバーが呼ばれなかった瞬間、ライブに足を運んでくれたお客さんや、お世話になっているスタッフさんや、一緒に番組をやっているメンバーの顔が次々に浮かんできてこみ上げるものがあった」そうだが、次の瞬間に同期のNON STYLEが敗者復活戦の勝者として名前を呼ばれたときには「とても嬉しくなった」という。

率直な気持ちは「不思議なもので、意外にもスッキリとした気分」「やるだけやって、ズッコケたから悔いはない」。

昨年は「M-1」ファイナリストに名を連ねながらも、今年は敗者復活戦に回り、勝ち上がることのできなかったU字工事の益子卓郎は「M1敗者復活頑張りましたがダメでした。ラストイヤーだったんでなんとか結果出したかったんですが力及ばずでした」と無念そう。

同じくU字工事の福田薫は「気持ち的には、高校野球で三年生の夏の大会が終わった感じです!」と表現しながら悔しさを滲ませている。

(引用元:Narinari.com

優勝は「パンクブーブー」。2006年のチュートリアル以来の満票優勝(7人の審査員全員が選出)だった。

2人は九州出身(ボケ・佐藤哲夫=大分、ツッコミ・黒瀬純=福岡)で、現在は東京吉本に所属。長年に渡り、影の有力候補として知られた存在だったようだ。

今後は、M-1スポンサーのオートバックスのCM(例年優勝者が起用される)をはじめ、バラエティ番組などでの露出が増えていきそう。

最終決戦で敗れたのは「笑い飯」と「NON STYLE」。「笑い飯」は2002年から8大会連続の決勝進出となったが、またも涙。規定では、来年(2010年)がラストチャンスだ。

2008年の覇者「NON STYLE」は準決勝で敗れたが、敗者復活戦から最終決戦まで勝ち上がってきた。

昨年は人気の面で昨年2位の「オードリー」に水を開けられるという皮肉な未来が待っていたが、連覇挑戦でこの結果なら再評価されるかも。

その他、敗者復活戦で敗れたキングコング・西野やU字工事(いずれも今年がラスト)らの敗者の弁からも、「M-1」が若手芸人にとって最高の舞台であることがうかがい知れる。

視聴率も2年連続で20%超え(関東20.6%、関西30.3%=ビデオリサーチ調べ)と、円熟期を迎えたM-1グランプリ。

島田紳助は「M-1」を始めた理由について「漫才というものに対して恩返しをしないとアカン」と語っているそうだが(自身は8年で漫才から撤退。情報元:ウィキペディア)、「M-1」は今まさに年末の風物詩として、芸人・視聴者の両方に定着したといえそう。

来年の記念すべき第10回大会が今から楽しみだ。

★関連記事

★最新の芸能ニュースはこちらでどうぞ 【最新ニュース】人気ブログランキング

人気ブログランキング

【管理人からのお知らせ】2020/3/14
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

タグキーワード
2009-12-21 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
TV観てないと、そんなものがあることにきづきません。

M-1。壮絶な感じがしますねえ。
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2009年12月23日 07:46
みんなよく頑張ってたけど、パンクブーブーは強かった
これからが楽しみです
Posted by ぱる at 2009年12月23日 20:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.