破局説を一蹴?一青窈、生放送の熱唱中にバックで演奏中の小林武史を指さす! - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

破局説を一蹴?一青窈、生放送の熱唱中にバックで演奏中の小林武史を指さす!

「女性セブン」(小学館)12月10日号に、破局説を報じられていたミュージシャン・一青窈(33)と音楽プロデューサー・小林武史(50)。

「結婚願望が強かった一青が、なかなか再婚しようとしない小林にキレた」とされていたが、実はまだ二人の愛は続いていた…?

破局をささやかれていた一青窈小林武史が、12月2日放送の「FNS歌謡祭」(フジテレビ系)にツーショットで出演しただけでも驚きだが、曲も半ばを過ぎたところでさらにビックリのシーンがあった。

うんと幸せ」を熱唱中の一青が、「2人の日がどんどん刻まれて」の歌詞に差しかかったところで、振り向きざまにピアノ演奏をしている小林の方を指差したのだ。かなり感情の入ったパフォーマンスで、一青の小林に対する強い思いがうかがえた。

「うんと幸せ」は、一青の作詞、小林の作曲によるものだ(武部聡志との共作)。もともと小林と一青は仕事上のパートナーでもあるため、2人一緒にテレビに出演しても不思議ではないのだが、はてさて(なお小林と前妻のAkkoは、2007年元旦に離婚している)。

ただ歌詞の内容といい、一青のパフォーマンスといい、意味深なことは確か。やはり続いているのだろうか。

ちなみに、一青は「うんと幸せ」の制作にあたり以下のコメントを寄せている。とても興味深い内容だ。

(以下引用)

私たちは生きるという行為そのものに 意味を追い求めたくなるものですが ときに人はその意味に価値をつけて ”幸せ”と呼びます。

日常というものは 幸せを簡単に飲み込んでしまう不思議かつ残酷なものです。

螺旋状に負の感情に陥ると 生きることをあきらめたくなる瞬間があります。

だけど、”幸せ”になるために生きるのではなく 幸せ、そのいちいちに気づくことが 生きることだと思うのです。

うんと幸せな気持ちは わたしが幼き頃も 恋をしたときもいつもそこにあるものでした。 また、両親をなくしたときも。

みなさんがこの曲を聴いて 幸せの欠片に気づいてくれたら それこそわたしは うんと幸せです。

(引用元:一青窈 OFFICIAL SITE 「うんと幸せ」特設ページ)

どんなに小さなことでも「幸せ」だと感じられる感性を持ち合わせていれば、きっと負の螺旋は消え、幸せのスパイラルが巡ってくるのだろう。

一青と小林が今どんな関係であろうと、一青にとっては“いつもそこにある”幸せの“欠片”を噛みしめていることに違いはないのかもしれない。

【管理人からのお知らせ】2019/2/23
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★一青窈の裏話を探すなら
タグキーワード
2009-12-04 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
一青窈が幸せだというのなら、それでいいのでは?
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2009年12月06日 04:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.