浜田雅功、長男・濱田郁未が7人組バンドのベースでCDデビュー!顔ソックリ!【画像】 - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

浜田雅功、長男・濱田郁未が7人組バンドのベースでCDデビュー!顔ソックリ!【画像】

ダウンタウン・浜田雅功(46)の長男濱田郁未(18)が、バンドCDデビューしていたと、19日発売の「女性セブン」が報じている。

顔が浜ちゃんそっくりという濱田は、ベースを担当。その他合計4人が、有名人の2世という異色バンドのようで・・・?

明日があるさ THE MOVIE ― マイエナジーセレクトトラック (CCCD)

(以下引用)

11月11日にCDデビューした17〜19才の7人組バンド『ズットズレテルズ』。

楽曲以上に注目を集めているのが、あの浜ちゃんの長男がベースを担当していることです」(音楽関係者)

ベースの『ひげめがね』こと濱田郁未(18才)が濱田の長男。誕生時には、父親の浜田雅功(46才)と母親の小川菜摘(46才)が共に号泣したという待望の赤ちゃんだった。

その濱田が、バイト先でボーカル&ギター担当の久富ラキ太(18才)と意気投合したのがきっかけで『ズットズレテルズ』を結成した。実力もかなりのもので、特に濱田のベーステクニックは「一流!」の評価を受けているという。

今年8月にあった10代限定のロック・フェス『閃光ライオット』では、5500組から勝ち抜いた14組に選ばれたが、惜しくもグランプリ受賞には至らなかった。実はこの『ズットズレテルズ』、濱田だけではなく、メンバーのうち、4人が有名人の息子というスーパー二世バンドだ。

「ボーカルのドカットカット(18才)は往年の超有名俳優の長男。ラキ太は伝説のロックバンド『ボ・ガンボス』のどんとの忘れ形見。

ドラムの三宅零治(18才)は、'83年結成のロックバンド『ザ・プライベーツ』のボーカル、延原達治を父に持ち、本人も『あっぱれさんま大先生』(フジテレビ系)に子役として出演していたそうですよ」(芸能関係者)

気になるのは、その風貌。みんな、お父さんに似てるの?

郁未くんは色白でポッチャリしており、浜ちゃんを育ちの良いお坊ちゃまにしたような雰囲気で、顔は生き写しといってもいいほどそっくりです」(前出・音楽関係者)

(引用元:女性セブン)

“浜ちゃんそっくり”という濱田の画像はコチラでみられる(↓)。

【画像】 濱田郁未・顔写真
(※情報元:「閃光ライオット」公式サイト)

まさに浜田Jr.という感じ。浜田の相方・松本人志は先日、長女が生まれたばかりだが、浜ちゃんの長男はもう18才。お笑いではなく、音楽の道を選んだようだ。

ベースの腕前は一流のようで、作詞も行っているようだ。11月11日発売のアルバム「第一集」の1曲目に収録されている「僕の果汁」の作詞が、濱田と久富。

同曲は、すでに「汐留★イベント部」(日本テレビ系)のエンディングテーマと、TVKテレビ「音楽缶#」のオープニング・エンディングテーマにも起用されている。

10代と若いバンドだが、CDデビューにタイアップと、順風満帆の船出のようだ。

ところで、ボーカル・ドカットカットのお父さんは俳優・草刈正雄という噂があるようです。こちらも気になります。

【管理人からのお知らせ】2017/10/23
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★浜田雅功のブログを探すなら ★濱田郁未の裏話を探すなら
タグキーワード
2009-11-20 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
父親そっくり。

----TV観てませんけれど、可愛いのでしょうねえ。
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2009年11月21日 05:43
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.