須藤元気、北海道網走市に移住したワケ!高校時代からログハウスに住むのが夢だった? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

須藤元気、北海道網走市に移住したワケ!高校時代からログハウスに住むのが夢だった?

元格闘家で、現在は作家や拓殖大学レスリング部監督として幅広く活躍する須藤元気氏(31)が、北海道網走市に移住したという。

一体なぜ網走なのだろうか・・・?

R246 STORY 須藤元気 監督作品 「ありふれた帰省」 [DVD]

(以下引用)

須藤さんは21日、同市役所の大場脩市長にあいさつに訪れた。

同市内の天都山ふもとにログハウスを構え、月に10日ほど執筆に励み、畑で無農薬の野菜作りにも汗を流す。須藤さんは高校時代からログハウスに住むのが夢だったという。

妻の愛さん(24)の父親の実家が網走の隣・網走支庁小清水町だったことも縁で移住を決意した。4月20日には東京から住民票を移し、5月中旬にログハウスに引っ越した。夫婦と猫2匹で生活を始めている。

監督と同時に、同大大学院の地方政治行政研究科で、地方政治などを学ぶ学生でもあるため、東京と網走を行き来する。「網走に来ると、ノイズがないのでリセットできますね」と言う。

「きれいな空気や人間がおおらかで、そして魚介類が安くておいしい。実家は東京・深川で日本料理店をしているが、網走の魚のおいしさにはかないません」と礼賛。

1万坪の土地を購入して、畑だけではなく、将来はカフェの営業も検討している。

来夏には、条件が整えば、同大レスリング部の網走合宿も実現させる。スポーツイベントや講演などの参加も前向きだという。

現在、北海道と猫、そして網走移住を題材に随筆の執筆を進めている。9冊目となる著書の出版は来年1月を予定している。

(引用元:asahi.com)

行動力があって面白い人だ。格闘家時代にも米国へ留学し、技を磨いていたとか。また2006年の格闘家引退後には、執筆活動や映画監督も行っている(情報元:ウィキペディア)。

さらに2008年には、拓殖大学レスリング部監督に就任し、今春には同部を優勝へ導いたとか(情報元:ウィキペディア)。

今年は拓大大学院に新設された地方政治行政研究科に入学し、学生しても活動。いつだか忘れたが、テレビで学生証を使っているというエピソードを話していたっけ。

書道や写真も趣味という須藤氏。次はとうとう網走に移住までしてしまった。

ログハウスはすきま風が入りそうなイメージだが、執筆や映像を手掛けるうえで、のどかな田舎は内に向き合うにはもってこいかも。学生・監督活動は都心へ出向くそうで、仕事にメリハリもつきそう。

それにしても地方政治行政研究科といえば、ゆくゆくは政治家を目指しているのだろうか。北海道といえば、あの政党入り?

【管理人からのお知らせ】2017/10/14
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★須藤元気のツイッターを探すなら ★須藤元気のニュースを探すなら
タグキーワード
2009-10-23 | Comment(1) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
バブル時代にそんなひとが大勢居ましたよね、まだいたのですねえ。大都会の喧噪をはなれ自然としたしむ──要は余裕のある方の贅沢なのでしょうけれど。
Posted by 狼皮のスイーツマン at 2009年10月23日 07:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.