明石家さんま、新幹線で見せた素顔とは?ファンもタレントも全てを受け入れる懐の広さ! - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

明石家さんま、新幹線で見せた素顔とは?ファンもタレントも全てを受け入れる懐の広さ!

7月27日夜、新大阪から東京へと向かう最終1本前の新幹線に乗っていたというタレント・明石家さんま(54)。

新大阪駅ではサインを求められ、車内ではタレントが続々とあいさつに、そして東京駅に着くと…?さんまの人気の秘密が垣間見えるエピソードとは?

7月27日、芸能ジャーナリスト・井上公造氏が新大阪駅から最終の1本前の新幹線に乗り込み、東京へ戻ったという。車内では明石家さんまに遭遇したようで…?

(以下引用)

そんなことを考えつつ、トイレに行こうと席を立つと再びさんまさんと目が合い、ある映画のキャスティングについて質問された。

「それはまだウワサで、本決まりじゃないですよ」と答えると、さんまさんは伴内さんに「ほらっ!そうやろ!!」と言い聞かせ、今度はボクに向かって「いいところで井上さんに会ったわ〜。あぁスッキリした!ところでボクに質問はありませんか!?」と…(笑)。

さんまさんといえば、愛娘のIMALUちゃんが熱愛報道の渦中にあり、聞きたいことは正直、たっくさんある。思わずノドまで出かかったが、「きょうのところは、何もありません」と言うと、「何かあったらいつでも言ってや〜」と笑顔で返してくれた。

その言葉がうれしくて、いい気分で東京駅に到着。すると、東京駅でもさんまさんはファンのサイン攻めにあっていた。時間は夜中の12時近いのに、断ることなく、1人1人にきっちりサイン&握手。

(引用元:井上公造芸能)

井上氏は「情報ライブ ミヤネ屋」(読売テレビ、日本テレビ系)に出演した帰りだったようだが、さんまは関西ローカルのバラエティ番組「痛快!明石家電視台」(毎日放送、月曜23:55〜)でレギュラーを務めているので、その帰りのことだったのかも。

長年に渡って関西の番組に出演し続けているのは、育ててくれた地元に対するさんま流の恩返しなのかもしれない。

その日は遅い時間だったようだが、新大阪でサインを求められ、車内ではタレントが多数あいさつに訪れるなど、休む暇もなさそうだ。でも、そういったことを感じさせないのが、またさんまらしい。

芸能レポーターの井上氏は、ある映画のキャスティングについて聞かれたそうだが、これは「宇宙戦艦ヤマト」の実写版の話だろうか。この映画は、2010年12月にキムタク主演で公開予定だが、ヒロイン役は沢尻エリカの噂が流れているものの定かではなく、最近話題になっている。

沢尻エリカ、キムタク映画のヒロインに急浮上したワケ!事務所間のホットラインが決め手?

その後、自ら質問を受けようとするさんまに、「なにもない」と答える井上氏。普通はマスコミが詰め寄って、タレントが「なにもない」と答えるところだが、それだけさんまと井上氏の関係が良好なのだろう。

東京駅に着いても、ファンのサインに応じるさんま。ファン、タレント、芸能レポーター。移動中というテレビに映らないところで、その全部の人間を受け入れてしまうとは。

走り続けている人には、それができるのかもしれない。いや、さんまにしかできない芸当だろう…。

【管理人からのお知らせ】2019/1/26
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★明石家さんまの噂を探すならコチラ!
タグキーワード
2009-07-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.