浜崎あゆみ、“隠しマンション&別荘”を買っていた!その意外な利用目的とは? - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

浜崎あゆみ、“隠しマンション&別荘”を買っていた!その意外な利用目的とは?

歌手・浜崎あゆみ(30)が、自宅以外に“隠しマンション”と“別荘”を購入していたと、6月30日発売の「週刊女性」が伝えている。

“隠しマンション”は本人が住むために購入したわけではないようだが、では一体何のためなのだろうか…?

(以下引用)

都内・港区の高級住宅街にそびえ立つ、要塞のような家が、浜崎あゆみ(30)の自宅。10億円御殿≠ニもいわれ、総額1億円をかけたリフォームも行ったばかり。

そんなあゆの自宅から、わずか100メートルほど先。そこに、あゆの隠しマンション≠ェあるという。

赤レンガ造りで築32年のレトロな佇まい。エントランスロビーは高級感たっぷりで、その趣ある外観と設備から、ビンテージマンションと呼ばれている。

今春、老朽化から外壁を工事したりと築深物件ではありますが、元祖億ション≠ナすよ」(不動産関係者)

あゆが買った部屋も、もちろん1億円オーバー!

'07年春に、最上階の部屋を買ったんです。1LDKの間取りで、1億2000万円近くしたそうです」(前出・不動産関係者)

(中略)「自宅近くにある隠し部屋は、自分が住むわけではなく、人に貸すために買ったそうです。実際、知人にも貸したりもしたそうですよ。やっぱり、生花店や古着屋を経営する母親の影響から、彼女もゆくゆくは経営者になったり、ほかにもいろいろなビジネスを考えているんですかね」(前出・芸能プロ関係者)

(引用元:週刊女性)

浜崎あゆみが、約2年前に“隠しマンション”を買っていたようだ。自宅に近いことや、あゆの趣味と思われる外観や設備からは、本人用とも思われたが、なんと他人に貸すためだという。

この不景気で、あゆもサイドビジネスを展開しようというのだろうか。

ちなみに、あゆの母親は港区の住宅街で生花店を経営しており、今年4月には近所に2号店として古着屋をオープンさせている(情報元:日刊サイゾー)。

この古着屋の経営にはあゆが関与しているとの噂もあり、親子で何か着々と考えているのかもしれない(情報元:ゲンダイ)。

また今回の「週刊女性」によると、あゆは2008年にも熱海にも築45年のリゾートマンションを購入していたという。300万円ほどの3Kの和室だったようだが、古い物件にこだわっているのには理由もあるようで…?

(以下引用)

安く買い物したのは、リフォームを考えてのことだったようだ。

リフォーム業者を呼び寄せ、部屋を全部ブチ抜く、大規模なリフォームをしたんです。畳をフローリングに張り替えたりと、あまりに派手にやるもんだから、取ってはいけない非常ベルまで取ってしまって……。マンション中に警報ベルの音が鳴り響いちゃって、大変でしたよ」(マンション関係者)

住民から思わぬかたちで、ヒンシュクの目を向けられてしまったようだが、あゆの姿を見かけることはないという。

(引用元:週刊女性)

あゆはもともとリフォームを視野に入れていたようだ。ファッションリーダーとして数々の流行を生み出したあゆらしく、単に新しいものや出来合いのものには興味がないのかもしれない。

ただ、せっかくリフォームしたのはいいが、その後は姿を見せていないというあゆ。管理人も買ったまま“積ん読”になっている本が何冊かあるが、それと同じ感じだろうか。

【管理人からのお知らせ】2019/1/21
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★浜崎あゆみの最新ニュースを探すなら
タグキーワード
2009-06-30 | Comment(0) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.