小室哲哉に“救世主”現る!エイベックス・松浦勝人社長が6億円を弁済のワケ! - 芸能7days

★おすすめサイト ヘッドライン
スポンサーリンク

小室哲哉に“救世主”現る!エイベックス・松浦勝人社長が6億円を弁済のワケ!

著作権譲渡を巡る5億円の詐欺罪に問われた音楽プロデューサー・小室哲哉(50)の第2回公判が、3月12日に開かれた。

公判にはエイベックスの松浦勝人社長(44)も出廷し、小室が抱えた慰謝料など約6億円を全て弁済したと証言したという。いったい、ナゼなのだろうか…?

小室哲哉―50年の軌跡

(以下引用)

小室被告とは、16年前に千葉氏に紹介されたのをきっかけに出会い、trfのプロデュースで初タッグを組んだ。当時は公私ともに親交が深かったが、互いに多忙になり、97年ぐらいから疎遠になっていったという。

小室さんの周りに新しく入ってくるスタッフの方が、我々は付き合いづらい方が増えてきて、小室さんも傲慢なところがでてきたので、これ以上付き合うのは難しいのかな、と思いました。お金が入ってくると人は変わるのかなと、残念な部分もありました」と当時の様子を赤裸々に語った。

多額の弁済金を個人で担った理由については、「何も音楽業界のことを知らなかった僕らに教えてくれたのは小室さんだった。今のエイベックスがあるのも小室さんのお陰。浜崎あゆみもEXILEも倖田來未も、小室さんなくしてはありえなかった。僕の恩師でもあります」と熱弁。

(引用元:テレ朝芸能速報)

いくら昔の恩義があるからといって、なかなかできることではないと思った。賛否両論あると思うが、男気を感じないだろうか。

小室哲哉はなんとしても、この恩に応えたいところ。小室は現在、千葉副社長宅に身を寄せて謹慎中のようだ。作曲活動も行っているらしく、再生に向けて一歩一歩進み始めたといったところか(情報元:テレ朝芸能速報)。

一方で、被害者の男性は「(被害届を取り下げるなどの)示談はできない。誠意が足りない」と述べているようで、収拾の目途は立っていない。被害者サイドの証人尋問は4月23日に行われる。はたして、収束へ向かうことができるのかどうか。

【管理人からのお知らせ】2018/12/17
※文字色が見えにくくなっていた箇所、リンク切れの箇所等を修正させていただきました。ご了承下さいませ。

★関連記事 ★小室哲哉の最新ニュースを探すなら
2009-03-12 | Comment(2) | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
スポンサードリンク

★おすすめサイト ヘッドライン
この記事へのコメント
恩義があっても12年の疎遠ですよ。親交のあった年月の方が少ないでしょうに…。
今も収入が5000万あるそうだから返す見込みあるのでしょうか?
にしても、6歳年下の人に保護者のような発言して貰って情けないですよね。
Posted by at 2009年03月13日 20:55
ご訪問者さま

>恩義があっても12年の疎遠ですよ。親交のあった年月の方が少ないでしょうに…。
>今も収入が5000万あるそうだから返す見込みあるのでしょうか?
>にしても、6歳年下の人に保護者のような発言して貰って情けないですよね。

はじめまして♪ご訪問&コメントありがとうございます。
そうですね^^普通は考えられませんよね^^
松浦さんは小室さんの才能を高く評価されているのでしょう。
立て替えたお金を返してくれることよりも、
小室さんに再生してもらうことを強く望んでいるんだと思います。
小室さんは音楽家としてなんとしても再生し、活躍することが
恩を返すことにつながるのかと思います。
また気軽のお立ち寄りくださいませ★
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
Posted by セブン at 2009年03月14日 19:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

当サイトのテキスト・画像等すべての転載転用、商用販売を固く禁じます 
Copyright © 芸能7days All Rights Reserved.